Menu

SRY123LP/183LP

Home > 製品情報 > ニットマシン > SRY123LP/183LP

コンピュータ横編機

SRY123LP/183LP

SRY123LP/183LP

ループプレッサーベッドを前後に搭載した
新たな編み機の提案

前後のニードルベッド上部に2枚のループプレッサーベッドを搭載したSRY123LPとSRY183LPは、SES122RT、SWG-FIRSTやMACH2Xなどで培ってきた当社独自の4枚ベッド構造のノウハウを活かした全く新しいタイプの横編機です。ループプレッサーベッドは従来のステッチプレッサーとは異なり、個々のループを押さえることができ、特に引き返し編みやインレイ柄の編成が容易です。インレイでは、伸縮性を抑えた新しい編み地や、今までにない織物のような風合いのニットでマーケットの拡大が望めます。また、金属糸やモノフィラメントなどの特殊素材に対応することで、従来のファッション・アパレル産業以外にも家具、インテリア、産業資材などの新しい分野への活用が期待できます。生産性も島精機製作所ならではの高い水準を保っています。秒速1.4mの最高編成速度、そしてR2CARRIAGEシステムによる各コース編成後のキャリッジの反転速度の向上で高い生産性を実現しました。さらに、技術的な功績のある島精機製作所オリジナルのDSCS(デジタルステッチコントロールシステム)、ヤーングリッパーとヤーンカッター、編み出し装置などを搭載しています。

ループプレッサー

ループプレッサー

ループプレッサーベッドを前後のニードルベッド上部に搭載し、針本数と同じ数のループプレッサーを備えることで、これまでのステッチプレッサーとは異なり個々のループの押さえ込みが可能となります。ゴム地でも個々のループを押さえることができ、総針での引き返し編みやインレイ柄の編成が特に容易です。インレイの生地では通常のニット組織に別素材を織り込むことが可能で、それによりまったく新しい、ニットでもない、織物でもないSRY独特の生地をつくることができます。インレイの編み地の性質上、ニット特有の伸縮性を抑えることができ、また、新素材もインレイの組織に使用できるため、従来のファッション・アパレル産業以外にも産業資材など、新しい分野の開拓も見込めます。

インターシャキャリア

インターシャキャリア

SRY123LP/183LPのインターシャキャリアは、最大30個もの装着が可能です。従来に比べコンパクトな設計で、一定の編幅でより多くのキャリアを装着でき、それに伴い1コースで編成可能な色数も増えました。また、改良されたインターシャ装置では運転音量が従来の約3分の1程度と静音になりました。

WIDEGAUGE

WIDEGAUGE

SRY123LP/183LPのSVでは、新たにワイドゲージ編成に対応しました。ワイドゲージ専用のニードルを搭載することにより、編み機一台で幅広いゲージ範囲に対応しています。ゲージ別の複数台の編み機の投資や複雑なゲージコンバージョンを必要とせず、シーズンやトレンドの変化にも容易に対応できます。編み目の細かいハイゲージから針抜きによる粗めのローゲージまで、幅広い製品に対応可能です。

DSCS

DSCS

デジタルステッチコントロールシステムDSCSは、設定したループ長に基づいて±1%の精度の編成が可能で、高精度を要求する成型ニットの品質保持に不可欠な装置です。また、リピートオーダーの際にも一定の品質を保つのに最適です。1984年に世界初のデジタル編成装置として開発されて以来、業界の水準として世界中で採用され続けています。

R2CARRIAGE

SRY123LP/183LPにはR2CARRIAGE(R2=Rapid Response)システムが搭載されました。キャリッジの機構全体の見直しをおこなうことにより、各コース編成後のキャリッジの反転速度が上がったことで生産性も向上しました。特定の編み幅の場合、従来のキャリッジは減速域とキャリッジリターンに必要なスペース(B)が大きいため、実際に設定速度で編成できる部分(A)は思ったよりも狭くなります。一方、小型・軽量キャリッジでは、編成コース毎のキャリッジの反転に必要となるスペースが少なく済み、設定速度で編成する部分が拡がります。それにより生産性の向上が得られます。

糸くず吸引装置

糸くず吸引装置

SRY123LP/183LPには、グリッパー部に糸くずを適時に吸い取ることができる『糸くず吸引装置』を装備しています。

よりユーザーフレンドリーなニットマシン

よりユーザーフレンドリーなニットマシン

SRY123LP/183LPでは新たにフルカラーの液晶タッチパネルが採用され、従来のモノクロモニターと比較して操作性が高まりました。ファンクションボタンを引き続き併用することで、以前からの両手による操作も可能です。パネル位置は目の高さに合わせることで人間工学的に優れた要素を維持しています。USBインターフェースやネットワークコネクタは接続しやすい配置位置で、データのやり取りがスムーズにおこなえます。また、停電バックアップ装置が装備され、停電が起こった場合でも、復帰後にそのまま編成が続行可能となります。停電により、編成途中の製品が不良品になるのを防ぐので安心して作業をおこなっていただけます。

SRY123LP/183LPについてのご質問、購入のご相談、カタログ請求はこちらからお問合せください。

ページの先頭へ戻る