Menu

SFG-I

Home > 製品情報 > ニットマシン > SFG-I

手袋編機

SFG-I

SFG-I

進化し続ける手袋編機

島精機製作所が手袋編機のリーディングカンパニーとして長年培ってきたノウハウを結集したSFG-Iは、SFG全自動手袋編機の後継機であり、ファインゲージやウルトラファインゲージ手袋編み機のグローバルスタンダードです。SFG-Iでは、制御方式を電子プログラムシステムに改良しました。また、従来より技術的な功績のあるSHIMA SEIKIオリジナルのシンカーシステム、度目調整、端糸処理装置、自動給油装置などを標準で装備。10、13、15と18ゲージをラインアップし、18ゲージの手袋は、手にやさしくフィットする薄くて軽い精密作業用の手袋から医療用手袋、コーティング用手袋まで様々な分野で幅広く活用できます。また、指股部分においては細部にまで配慮が行き届くため、コーティング仕様のターングローブにも適しています。

ウルトラファインゲージ手袋

ウルトラファインゲージ手袋

18Gの手袋を使用すると、まるで素手で扱っているように、物の感触がそのまま手に伝わってきます。指先が丸く、シームレスに編成されているので、精密作業用の手袋や医療用手袋までさまざまな分野で活用できます。また、指股部分においても細部にまで配慮が行き届いているため、コーティング仕様のターングローブにも適しています。

新制御方式

新制御方式

制御方式を従来の計数ドラムから電子プログラムシステムに改良することで、機械の耐久性や操作性の向上、メンテナンス性の向上により、さらにユーザーフレンドリーな手袋編み機になりました。

度目調整

度目調整

新たなステッピングモーター方式により、手袋が手のさまざまな部分にフィットするように度目を調整することができます。特にファインゲージ製品では、指先部分の編成において、より正確な調整が必要になります。細かな調整により、指先等のフィット感が更にアップします。

端糸処理装置

端糸処理装置

指先の端糸処理は従来エアーによる吹き込み方式でしたが、SFG-Iではモーター駆動式端糸挿入フックとカッターで機械的に端糸をつかみ指先へ挿入します。これにより、確実な端糸処理が可能となり、より品質の高い商品が提供できるようになりました。

自動給油装置

シンカー部分へ自動的に給油する装置です。シンカーに適切な油量を電子的に制御することで、磨耗が最小限になりシンカー、シンカーカムなどの部品が十分に保護され、メンテナンスの負担が少なくなりました。また、レバーを操作するだけで、自動的に機械本体の必要な部品への給油もできます。あらかじめ設定したスケジュールに基づいて適度に給油を施すことで、オイルを節約し、過度な給油による商品の汚れを防ぎます。(推奨するシマオイルをご使用下さい。)

SFG-Iについてのご質問、購入のご相談、カタログ請求はこちらからお問合せください。

ページの先頭へ戻る