Menu

MACH2XS

Home > 製品情報 > ニットマシン > MACH2XS

ホールガーメント横編機

MACH2XS

MACH2XS

可動型シンカー搭載でさらに進化を遂げた
ホールガーメントの生産に最適な横編機

SHIMA SEIKIのホールガーメント横編機がさらに進化しました。新たに開発したMACH2XSは、MACH2Xシリーズで培ったホールガーメント生産に最適な4枚ベッド機構を採用し、抜群の速度と生産性で、美しく高品質なホールガーメント製品を編むことができます。可動型シンカーを搭載することで、複雑な編み地でも高品質な風合いを得ることが可能となりました。また、引き返し編成が容易になり、これまで実現できなかった衿の前下がり量の調節が可能となるなど、編成の範囲が拡がりました。「 MACH(マッハ) 」その名が連想させるように、最高編成速度は秒速1.6m。R2CARRIAGEシステムの搭載で、各コース編成後のキャリッジ反転速度も向上しています。割り増やしの対応で、袖の増やしなどが空コースなしで編成でき、ホールガーメント編成時間を大幅に短縮しました。i-DSCS+DTC(インテリジェントデジタルステッチコントロールシステム+ダイナミックテンションコントロール)、USBメモリーインターフェースと停電バックアップ装置は標準装備。さらに、フルカラーの液晶タッチパネルの採用で、従来のモノクロモニターと比較して操作性が向上しました。コントローラーは編み機本体に内蔵することにより、機械の設置が容易となり、作業スペースの効率化も図れます。SHIMA SEIKIのホールガーメント編成技術を集結したMACH2XSは、高品質なホールガーメントファッションの生産に理想的な機械です。

R2キャリッジシステム

MACH2XSにはR2CARRIAGE(R2=Rapid Response)システムが搭載されました。キャリッジの機構全体の見直しをおこなうことにより、各コース編成後のキャリッジの反転速度が上がったことで生産性が向上しました。特定の編み幅の場合、従来のキャリッジは減速域とキャリッジリターンに必要なスペース(B)が大きいため、実際に設定速度で編成できる部分(A)は思ったよりも狭くなります。一方、小型・軽量キャリッジでは、編成コース毎のキャリッジの反転に必要となるスペースが少なく済み、設定速度で編成する部分が拡がります。それにより生産性の向上が得られます。

i-DSCS+DTC

i-DSCS

世界初のデジタルステッチコントロールシステムDSCSは、長年の経験とノウハウによって最も精度の高いデジタルシステムとして世界的に評価されてきました。そのDSCSの性能を極限にまでパワーアップさせたのがi-DSCS+DTCです。DSCSが糸送りを機械的に制御しながらステッチ長を調整するパッシブなシステムに対し、i-DSCS+DTCは必要に応じて糸送りと戻しの両方向で給糸張力まで電子制御するアクティブなシステムです。ストレッチヤーン、ファンシーヤーン、スラブ糸など編成が困難な糸やカシミヤなどのデリケートな糸を使用した高速編成が可能になり、より高い品質と生産性を実現します。正確な電子制御により、i-DSCS+DTCは異なる機械での生産や異なるロット間、リピートオーダーの場合にも一貫した品質を保ち、高精度を要求するホールガーメント製品の編成に貢献します。

4枚ベッド構造

4枚ベッド構造

MACH2XSは、スライドニードルを備えたニードルベッドを4枚搭載しています。従来のV型ベッドの上に2枚追加した構造を持ちます。4枚のベッドをフルに活用すると、今まで比類の無い目移しのポテンシャルを持ち、様々な柄やパターンの編成が新たに可能になりました。特にファインゲージのリブ組織を使ったホールガーメントに関しては、SHIMA SEIKIのMACH2XSが、世界で唯一編成可能です。

スプリング式可動型シンカー

スプリング式の可動型シンカーは、ループに無理な力を与えず、編み目に優しく理想的な状態でループを保持することができます。これにより、立体柄のような複雑な編み地でも高品質な風合いを編成することが可能です。

スライドニードル

スライドニードル

ホールガーメント横編機の開発にあたり、島精機製作所ではニットの原点となる「編み針」を一から見直しました。その結果、新たに発明した「スライドニードル」は、過去150年余りに渡って使われ続けてきたラッチニードル(ベラ針)とはまったく異なる設計となりました。従来のラッチに代わる柔軟な2枚組のスライダー機構により、今まで考えられなかった編成を可能にします。また、通常目移しに使うトランスファークリップが不要となり、スライドニードルを溝の中心に配置することが可能になりました。そのため、左右対称のループがつくれ、高品質できれいな編み地が編成できます。

引下げ装置

引下げ装置

MACH2XSの引下げ装置は、前後の独立したパネルに、編地を引っ掛けるための小さなピンが並べられ、前後の引下げ張力を個別に調整できます。さらに、それぞれのパネルは一定間隔で作用範囲が調整でき、引下げ張力をより細かくコントロールできます。これにより、ホールガーメント編成時に三次元的な成型が可能となり、例えばセットインスリーブでショルダーラインを身頃の後ろの方へ回すなど、より身体に合ったフィット感を実現します。

エアスプライサー(オプション)

エアスプライサー(オプション)

従来の糸の切り替えは2本の糸を編成途中で切断して機械的に結んでいましたが、エアスプライサーでは圧縮した空気を吹きつけることで瞬時に糸を接合します。糸を結ぶのではなく接合することにより継ぎ目が小さくなり、編成時における糸切れが少なくなります。さらに糸の供給量を正確に制御する i-DSCS+DTCと連動することで正確なタイミングで糸を切り替え、品質の高い多色柄の編成が可能です。今までキャリア数の制限により多色編成しづらかったホールガーメントでもエアスプライサーにより少ない数のキャリアでの切り替えが可能となり、マルチカラー・ホールガーメント製品の展開が容易になりました。

よりユーザーフレンドリーなニットマシン

よりユーザーフレンドリーなニットマシン

MACH2XSではフルカラーの液晶タッチパネルが採用され、従来のモノクロモニターと比較して操作性が高まりました。また、従来のファンクションボタンを引き続き併用することで以前から可能であった両手による操作が継続でき、さらにパネル位置も目の高さに合わせることで人間工学的に優れた要素を維持しています。USBインターフェースやネットワークコネクタは接続しやすい配置で、データのやり取りがスムーズにおこなえます。また、停電バックアップ装置が装備され、停電が起こった場合でも、復帰後にそのまま編成が続行可能となります。編成途中の製品が不良品になるのを防ぐので安心して作業をおこなっていただけます。

MACH2XSについてのご質問、購入のご相談、カタログ請求はこちらからお問合せください。

ページの先頭へ戻る