Menu

SDS-ONE APEX3

Home > 製品情報 > デザインシステム > SDS-ONE APEX3 > 丸編み

SDS-ONE APEX3

SDS-ONE APEX3

高精細な丸編みニット生地のシミュレーションに対応

島精機製作所のSDS-ONE APEX3は、ボーダー柄やジャカード柄など丸編みニット生地のデザインがおこなえます。天竺や鹿の子などのシングルニット、フライスやテレコなどのダブルニットに対応した組織表現が可能で、起毛やプリントなどの加工イメージも作成できます。柄作成、配色作成、ビットマップ形式による丸編みCADへのデータ書き出し、製品イメージ作成など、丸編みニット生地の企画から販売促進までをトータルにサポートします。アパレル、テキスタイルコンバーター、丸編メーカー、企画会社、OEM・ODMメーカー、商社、糸商、インテリア、スポーツ、インナーや雑貨メーカーなどあらゆるニット生地や関連製品に最適なデザインシステムです。

柄作成

柄作成

ジャカード柄や、組織柄のデータが搭載されており、組み合わせてアレンジできます。編み地プレビューを見ながらオリジナル組織を描画することも可能です。

柄作成

写真やイラストをゲージに応じた目数に変換します。ニットの縦横比率を考慮し、企画段階で正確な編みあがりのサイズを確認できます。また、リピート状態で柄の編集もおこなえます。

専用ボーダー機能

専用ボーダー機能

ボーダーの間隔は、コース数や寸法で入力できるほか、原寸大で表示させて感覚的にデザインすることができます。丸編みの場合は、給糸口の数を考慮できます。

配色

配色

カラーメニューやPantoneから色を選択し、配色検討がおこなえます。また、測色計を用いて、色見本からダイレクトに色を読み取ることも可能です。 複数の配色を一度に作成できる自動配色では、美しい風景写真やトレンドマップから抽出した色で配色展開することもでき、テーマやコンセプトに沿った配色バリエーションを作成できます。

糸入力

糸入力

現物の糸をスキャナ入力し、データベースに登録できます。撚糸、絣、トップ糸などの作成も可能です。

シミュレーション

シミュレーション

糸番手、糸取り本数を指定してリアルなシミュレーションがおこなえます。プレーティングや引きそろえ、生地裏側のシミュレーションも可能です。

製品イメージ

製品イメージ

シミュレーションした画像やスキャナ入力した生地を写真やイラストに立体的に合成し、製品イメージの作成がおこなえます。製品の仕上がりサイズを指定すると生地サイズが自動調整され、正確な製品イメージを確認できます。

丸編みCADとの互換

丸編みCADとの互換

ビットマップ形式で丸編みCADと柄・組織データの受け渡しが可能です。

ISO9001認証 SHIMA SEIKIは、デザインシステムの設計及び製造に関するISO9001認証を取得しています。

SDS-ONE APEX3についてのご質問、購入のご相談、カタログ請求はこちらからお問合せください。

ページの先頭へ戻る